おすすめ情報フルーツ青汁は作り置きしても平気?安全性は大丈夫?

フルーツ青汁は作り置きしても平気?安全性は大丈夫?

水や牛乳に割るだけで、簡単に作る事が出来るフルーツ青汁。

いくら手軽に作れるといっても、毎日毎朝フルーツ青汁を作るのは、少し面倒ですよね。

作り置き出来たら、忙しい朝でも簡単にフルーツ青汁が飲めて便利!そう思った事ありませんか?
しかし、フルーツ青汁は作り置きしても大丈夫なものなんでしょうか?

フルーツ青汁は作り置きしない方がいい

結論から言いますと、フルーツ青汁は作り置きしない方がいいです。

何故かと言うと、フルーツ青汁自体が保存が長く続くように作られてないからです。

そもそも、なぜ紙パック等の飲み物は、保存が長く続くのかご存知ですか?
それは保存料が含まれてるからです。

体にけしていいとは言えない人口添加物の保存料が含まれてるから、ペットボトルや紙パックの飲み物は長く持つんですね。

しかし、フルーツ青汁の場合は健康を考えて、保存料が含まれてない無添加なものが多いです。

その為、作り置きには向いてないし、作ったら早めに飲んでしまった方がいいんですね。

保存期間と引き換えに、健康に良いものになっている、それがフルーツ青汁なんです。

栄養面を考えても作り置きはNG!

また、安全性以外にも、栄養面を考えても作り置きはしない方がいいです。

フルーツ青汁には沢山の栄養が含まれてますが、その栄養には時間が経つとどんどん栄養素が無くなってしまう物も多いんです。

例えば、ビタミンC。

美容に良い効果をもたらす栄養素として有名ですが、実はビタミンCを水に溶かしてしまうと、どんどん栄養素が破壊されていってしまうんです。

その為、ビタミンCのパワーを100%摂取するには作ってすぐに飲む方がいいんですね。

フルーツ青汁に含まれる酵素も同じです。

酵素は時間と共にどんどん栄養素が減っていってしまうので、長期間の保管は効かないんです。

このように、フルーツ青汁に含まれてる栄養には、作り置きすると栄養素がどんどん減ってしまう物が多く含まれてます。

栄養目的でフルーツ青汁を飲んでるのに、肝心の栄養が体に吸収されてなかったら、飲んでる意味がないですよね?

100%栄養素を吸収する為にも、フルーツ青汁は作り置きせずに、作ったらすぐに飲んだ方がいいんです。

手軽さを取るか安全性・栄養をとるか

フルーツ青汁は最初から作り置きを前提として作られていません。

また、時間と共にどんどん栄養が失われていくので、作ったらすぐに飲んでしまった方がいいんです。

作り置きすると確かに便利ですが、その代わりに安全性が失われたり、重要な栄養が吸収できなかったら意味ないですよね。

手軽さを取って作り置きをするか、安全性や栄養をとるか。

それをよく考えて、フルーツ青汁は作ったらすぐに飲むのをおススメします。

Categories: おすすめ情報